Posted by at

2011年11月17日

3年ぶりの・・・

本日はボージョレ・ヌーボーの解禁ですね。
とりあえずは飲みますが、それほど好きではありません。
新酒より、じっくり寝かせたワインのほうが好みです。


でも、、、昨年はまだ授乳していましたから、ボージョレは3年ぶり!?
昨年は2本いただきましたが、友人にあげましたからね。

やっぱり飲んどかなきゃ!!
定時に退社してエノテカへ。

何にしましょう。
目についたのは、ジル・ド・ラモアのゴールドとシルバーのボトル。
 
ゴールドが赤で、シルバーが白。
※写真はエノテカさんのページから拝借。

かわいい!!!!


でもでも、一人で飲むのに(飲んでしまうのに)このボトルはもったいないかも・・・。
お土産とかプレゼントに使うのには素敵ですけどね。
お店の方が定番のボトルも紹介してくれました。ふつーの瓶の他、ペットボトルに入ったエコな商品もあるとのこと。ワインの瓶の処理困るんですよね・・・。
ペットボトルのワイン、初めていただきましたが悪くないです。

そして、このワインはコンクールで金賞を受賞しています。



そして、もう1本。
JEAN FLAMIN

樹齢100年の樹でできた葡萄で作られています♪

  


Posted by tacky at 23:17Comments(0)お酒

2011年01月30日

今夜は

こちら。


マッカランのシェリーオーク。
それから、グレンフェディックが飲みたい!!と思ったのですが、手元になかったのでバルベニー。
そう、開封していないものは大切にしまっておいて、開けているのは父に寄付したんでした。


グラスはマイセンクリスタル
大切なグラスです・・・。


さて、よく好きな酒類を聞かれますが、回答に困ります。
20代中ごろまでは、唯一ビールが苦手でしたが、ある日を境に美味しいと思うようになり、基本的には何でも好きです。甘いのは好んでは飲みませんけどね。


何かにハマっている時期があったり、その日の気分やお料理に合わせますが、相手に合わせることも多いので、ワイン好きの役員にはワイン好きと思われてるし、日本酒好きの役員には日本酒好きと思われています。


来週は赤ワイン開けよっと♪


  


Posted by tacky at 22:16Comments(0)お酒

2009年10月29日

やはり購入・・・

アルコールを断ってから、1年と2ヶ月近くになります。
我ながら、ほんとによくがんばっていると思います。
最近誰も褒めてくれませんけど・・・。


さて、まだまだ飲めない生活が続くのですが、限定販売のようなので購入!



Y by Yoshiki 





カリフォルニアワインを自分で買って飲むことはほとんどありませんでしたが、リッツやマンダリンで提供されるとのことですから、かなり美味しいのでしょう、ってYOSHIKI様に失礼ですね・・・。ごめんなさい。




アルコール解禁の日まで、眠らせておきましょう♪

  


Posted by tacky at 08:32Comments(0)お酒

2009年02月17日

甘酒

帰宅すると宅配便の不在通知。

送り主はお酒の学校の同期のNさんからで「酒」という文字が。


お酒??


わたくしが妊婦ということはご存知のハズ・・・。


開けてみると若竹屋さんのノンアルコールの甘酒でしたicon64


しかもお雛様バージョン!!


かわいいicon06


酒蔵開きもOG会はじめイベントに参加できないので、ちょっぴり寂しかったのですが、忘れられてないんだと嬉しくなりました。
復帰したら、また誘ってくださいね!!!


そういえば、新聞にも掲載されていましたが、アヴァンティさんより『福酒日和が発売されました。

わたくしたちの集合写真も載っているそうなので(顔が分からないくらい小さいそうですが)買いに行かねば、です。


  


Posted by tacky at 23:59Comments(0)お酒

2009年01月26日

黒宝霧島

霧島酒造さんからDMが届いてました。


ロシアで「森の黒ダイヤ」と呼ばれる「チャーガ」と霧島の自然が生んだ本格焼酎「黒霧島」、ふたつの宝がひとつになりました。
黒霧島のトロっとしたコクのある甘みにチャーガのもつ甘みと香りが加わった霧島酒造の健康酒です。




と書かれています。

チャーガは白樺などに寄生するキノコの一種で、チャーガが見つかる確率は白樺2万本に1本とも言われているそうです。



金霧島同様、オンラインショップ「霧島通販蔵」で購入できるようです。


こういう売り方をされると買わずにはいられません。
我ながら単純だこと・・・。


発売は2月20日のようです。


禁酒中ですから、父にでもプレゼントして、一口もらうことにしましょう。



本日の夕食は、オムレツと豚汁を作りました。





  


Posted by tacky at 23:51Comments(0)お酒

2008年12月11日

ふゆのしあわせ

杜の蔵さんの8つの幸せ。


春、夏、秋、冬と、2本ずつ日本酒が届きます。

特別に1つの仕込からできたお酒の1年間の成長を楽しめるというものです。

春に届いたのはこちら
しぼりたて荒走り生酒

夏に届いたのはこちら
しぼって3ヶ月 無ろ過生原酒

秋に届いたのはこちら
ひと夏越えたひやおろし


そして、今回届いた「ふゆのしあわせ」はこちら。


1年熟成の純米吟醸。



そういえば、お酒の学校のお友達は、大吟よりも純吟好きの人が多い気がします。


昨年頼み忘れたみなさん!!
2009年度の申込みがはじまったようですよ。
  


Posted by tacky at 23:59Comments(2)お酒

2008年09月30日

フクサケ100

明日はアヴァンティさん主催のフクサケ100が開催されます。


とても楽しみにしていたのですが、所要で行けなくなってしまいました。
久しぶりに福酒撫子のお友達や先生方にもお目にかかりたかったのですが・・・。



でも、買っていたチケットは友人が買い取ってくれました。
楽しんできてね♪



明日は地元で用があるので早々に済ませて、宗像大社の放生会に行く予定です。
雨が降らないといいのですが・・・。


  


Posted by tacky at 22:38Comments(0)お酒

2008年09月18日

秋の幸せ
































杜の蔵さんの「8つの幸せ」。

秋バージョンの「秋の幸せ」が届きました☆


ひやおろし。

もう、そんな季節なのですね・・・。



今回はオリジナルの平盃がついてました!

そういえば、酒蔵見学に行ったとき、無理を言って頂いた気が・・。探してみよっと♪



生詰のお酒。

見るだけで幸せな気分(笑)
  


Posted by tacky at 23:35Comments(4)お酒

2008年09月01日

麗(うるわし)

本日は、手土産用の日本酒を買って来るように、という嬉しい指令。



自分で飲まなくても、選ぶだけでも幸せな気分になります。
以前は、東北のお酒から選んでましたが、今では福岡のお酒を先にチェック。
えぇ、立派な福酒撫子になりましたicon06


本日選んだのは
山口酒造場の”庭うぐ(庭のうぐいす)の大吟醸”麗(うるわし)”



箱は黒で、瓶が白。
なかなかお洒落です。



気に入ってもらえたかなぁ。。。


  


Posted by tacky at 21:48Comments(3)お酒

2008年08月09日

79種の日本酒

チェロの発表会が終わって、浴衣に着替え「お酒の学校」のブラッシュセミナーへicon12


1期生から9期生が集いましたicon67
わたくしの同期8期生は、7名が参加。



まずは、79種の福酒(福岡の日本酒)を利き酒icon64





利き酒といっても、お酒をあてるわけではなく、自分の好みのお酒を見つけよう!!
という楽しい企画でした。


利き酒は、飲むわけでなく香りと味をチェックして吐き出します。
でも、いつもはもったいなくて、つい飲んじゃいますが、
さすがに79種は飲む自信がなかったので、出しました。

しかし、飲まなくても少しずつ吸収されているようです。
先生曰く、1合は吸収されてるとか。


ところが、、、同期のYちんは全部飲んだそうです。
さすが・・・。


終了後、お料理&好きなお酒を楽しみました。



二次会は大阪屋へ。




  


Posted by tacky at 23:39Comments(0)お酒

2008年07月31日

Port Wine

ポルトルガル土産にPort Wineをいただきました!!



ADRIANO RAMOS PINT

その土地のもの(特にアルコール)は、わたくしにとって一番嬉しいお土産icon06


いつも頂いたものは、すぐに賞味するのですが、今回は来週の楽しみにとっておこうと思います。
しかし、このワインを食後に頂くためには、食事を何にするか迷うところ。
楽しい悩みですicon64



ポートワインは発酵の途中でアルコール度数77度のブランデーを加えて発酵を止めるのが特徴。
この製法によって独特の甘みとコクが生まれる。また通常のワインより高いアルコール度数
(ポートワインのアルコール度数は20度前後であり、通常のワインが10〜15度であるため5〜10度程高い)
により、通常のワインよりはるかに高い保存性を持つ。
このためポートワインは一度封を切っても通常のワインのように急激な風味の劣化、変化が起こることはなく、
またタンニンの多少によらず長期保存が可能である。赤と白があり、赤は輝くルビー色。「ポルトガルの宝石」と称されている。一般に、白は「食前酒(アペリティフ)」としておつまみなどと一緒に、赤は「食後酒」として
チョコレートや葉巻などと一緒に飲まれている。
(Wikipediaより)


ポルトガルの宝石icon12icon97いつ開けようかな〜  


Posted by tacky at 22:39Comments(2)お酒

2008年07月12日

沖ノ島

本日は楽天厨房海風で焼肉。


お肉が新鮮です。
落ち着いて静かな雰囲気なのもよいです。


もちろん最初はicon142ですが、
次は何をしようかとメニューを見てみると、福酒がありましたので注文。


勝屋酒蔵さんの「沖ノ島」。
地元契約農家の山田錦をぜいたくに使った本醸造。今まで販売先を限定されていたそうですが、
今年の仕込から販売を開始されたそうです。

きれいなお酒で、飲みやすいです。


光の加減で、お猪口もきれい・・・


  


Posted by tacky at 23:59Comments(2)お酒

2008年06月29日

夏ノシアワセ

杜の蔵さんの企画”8つの幸せ”


年に4回、2本ずつお酒を届けてくださいます。


第一弾はこちら
搾りたて0ヶ月の「荒走り」でした。


数日前に届いたのは、無ろ過生原酒。

純米吟醸です。


もちろん代金は、自分で払っていますが、そんなことは忘れているので
プレゼントされた気分です(笑


ほかの酒蔵さんにも企画してほしいと思う反面、みなさんがされたら
全部ほしいし、でも全部買うのは無理だし・・・と、悩むところです(笑



でも、ほんとに幸せな気分になります☆

  


Posted by tacky at 02:27Comments(3)お酒

2008年05月27日

OG会

本日は、お酒の学校8期生と9期生の合同OG会。

50名中、13名が参加。
+先生方4名にお越しいただきました。


出席率26%。よいほうでしょうか・・・
でも、今回ご都合がつかなかった方も次回はぜひ!!!


しかし、福岡は女性の比率が高いことを改めて感じます。
素敵な女性なのに、フリーの方が多いこと。
原因は、アルコール消費量が多すぎるからでしょうか・・・
でも、飲まないとやってられませんよね(笑


本日の会場は宴座 季つね
お値段の割りに、美味しいお店です。
日本酒が揃っているので、お酒の学校卒業生のご用達のお店です。


全部写真を撮りましたが、とりあえず1枚だけ・・・




二次会はDapie D'argant 。



  


Posted by tacky at 01:18Comments(0)お酒

2008年05月12日

くず焼酎

本日は、一人ぼっちで留守番しているうちの子(ワンコ)が気になったので、直帰。


頂いたくず焼酎を飲んでみました。



飲みやすいです。  


Posted by tacky at 21:28Comments(0)お酒

2008年04月11日

御猪口くん

「きき酒会」のあとの「福岡・佐賀・長崎の地酒を楽しむ会」で登場した「御猪口くん」。



大人気でした。


それにしても女性陣の出席者(わたくしの予想三分の二)は「お酒の学校の卒業生」。
わたくしも含め、着物組がたくさんで華やかでした。
しかも、成績優秀。えぇ、わたくした8期生は全滅でしたが・・・



でも世の中は狭いもので、、、


名人位(全問正解)経験者で本日も金賞(2問間違い。※1問間違いはありえません)のKちゃんは小学校の同級生。
彼女は5期生なのですが、そのお仲間の二人は住まいが近く・・・、来月あたりに地元での再会を約束。


「tackyさんよね?!久しぶり!!」と声をかけてくれた9期生のTさんは、昨年通った「きもの着付け教室」の仲間。まさかこんなところで・・・。


「ブログ見てます!!」と声をかけてくれた9期生のKさんは、お目にかかったことがあるQBSの方と同じ職場・・・


行く先々で知り合いに会うので悪いことはできません。って、しませんけど(笑


パーティーのお料理、美味しかったです。


  


Posted by tacky at 00:04Comments(2)お酒

2008年04月10日

新酒きき酒会

本日は、福岡国税局の「新酒きき酒会」に行ってきました♪




アヴァンティと福岡酒蔵組合タイアップの「お酒の学校」を卒業した人は、その年にご招待があるのです!!!



さて、この「きき酒」、全12問あります。


まずは、清酒4種(吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒)にトライ。

・・・

普通酒と純米酒を間違えました。

普通酒とは思えないほど、レベルが高いお酒・・・



次に清酒の甘辛を当てます。
同じお酒で糖度が違うので、香りは変わりません。


・・・


見事に不正解。
この問題が正解しやすいと聞いていましたが、全問不正解。
才能ないですね・・・



そして、焼酎5種(米、麦、いも、ごま、清酒かす)を当てます。


全問正解icon12


もしや焼酎に転向したほうがよいのでしょうか・・・



  


Posted by tacky at 23:59Comments(2)お酒

2008年04月04日

ブラッシュアップ

本日は、4月10日に行われる国税局のきき酒会に向けて、改めてきき酒のしかたを学ぶというブラッシュアップセミナーに行ってまいりました。もちろん「お酒の学校」のです。





きき酒。ほんとに難しいです・・・


このお酒の学校、同期が25名。ほかの期の方でお目にかかったことがある方もいるので、正直覚えていない方もたくさん。
しかも今回はわたくしたち8期と9期がメインですが、先輩たちも参加可能。
ふと、会ったことあるような方がいらしたので、とりあえず微笑んでみたところ、○○○ちゃんよね??と声をかけられました。


うーん、働きだして知り合った方からはほとんど”tacky”と呼ばれていますので、下の名前で呼ぶということは昔の知り合い・・・


一瞬悩みましたが、すぐに思い出しました。


なんと小学校の同級生!!!たしか彼女は中学から私立に行ったので、その後つきあいはありませんでした。
でも若かりし頃、とあるオーディション会場の控え室でも会ったことがあることを思い出しましたicon12
十年以上ぶりの再会です。
わたくしの記憶が正しければ、彼女のお家には暖炉があって、彼女はバイオリンを習っていて、かなりのお嬢様icon12

今日はあまり話せませんでしたが、来週また会えるのでいろいろ話せるといいな・・・


きき酒は、味を確かめて出しますので飲むわけではありません。

なので終了後、つつじ庵icon64

 
ほかにもサラダ、めんたいこ入り卵焼き、揚げ物、パスタ、チャーハンなど。

  


Posted by tacky at 01:17Comments(4)お酒

2008年03月16日

8つの幸せ

先日、アヴァンティで紹介されているのを見て頼んだ杜の蔵さんの”8つの幸せ”の第一弾が届きましたicon12
荒走り生酒!!!

「荒走り」とは、簡単にいうと「搾るときに最初に出てくる少し濁ったお酒」。
時間と共に薄くなってくるので、搾り方にもよりますが、この部分はとっても貴重なのです・・・


搾りたて0ヶ月。
福岡県糸島産「山田錦」/精米歩合50%の純米吟醸icon12


はい、(時間設定してとりあえず投稿しましたが)このところブログが書けなかった理由。いつもは帰宅すると眠っている親が、話を聞いてほしくて起きてまっているので、聞きながら飲んでいると・・・
あっという間になくなってしまいましたicon11
いえ、あっという間ではありませんでした。
話が数時間に及ぶので、少しずつ味わって飲みましたicon102

ちなみに、この「8つの幸せ」は、特別に1つの仕込でつくられたお酒の1年間を楽しめるというもので、年に4回、2本ずつ送られてきます。

次はたしか夏に送られてくる”無濾過生原酒”(搾りたての原酒を生のまま氷温貯蔵)。
今から楽しみですicon194  


Posted by tacky at 23:59Comments(2)お酒

2007年12月20日

金霧島

先日、とある方から金霧島の存在を教えていただきました。


新しいもの、限定もの好きのわたくしとしては飲まねば。。。


といわけで、早速ゲットicon12



ラベルには、幸せを願う「金禄優舞(キチロクユウブ)」のしるしと、優美に空を舞う天女が描かれています。

金霧島を飲むことで、心も麗しく天を舞うよな気持ちになって欲しいという願いを込めて、このラベルを作られていたそうです。(箱に入っていたパンフレットより)


金霧島と名付けられるだけあって、とても綺麗な色!!!


でも、「冬虫夏草(トウチュウカソウ)」入り・・・


はい、冬虫夏草は昆虫の幼虫や蛹(さなぎ)、成虫に寄生し、体内の養分を吸収して成長するキノコです。


想像すると・・・


face07


でも、癌に効くという話もあります。
たしかに効きそうです。

数年前に台湾のお友達Wちゃんが、癌に効くからとこの成分が入ったエキスを母国よりわざわざ取り寄せてくれました。

馬軍団も愛飲していたということで有名なヤツです。



なので、わたくしも飲んでみました・・・・



icon196



その味が忘れられず、恐る恐る金霧島を飲んでみました。



冬虫夏草の香りが若干しますが、OKですicon12
意外とオイシイかも。。。
そして、体によさそうな気分になりますicon53  


Posted by tacky at 01:50Comments(3)お酒

2007年12月08日

卒業パーティ

昨日、お酒の学校の最終講義のあと、ホテルモントレ ラ・スール福岡で、卒業パーティがありましたicon12


まず講義の続きで利き酒。

喜多屋酒造さんの「あいのひめロゼ
ピンク色でかわいいです。
微発泡で甘く、お酒が苦手な方もいけるかも。


日野酒造さんの「ルージュ ナチュレ
天然の色を出す特殊な酵母で仕込み、淡い可憐な花びら色に仕上げたというディズニーシーでも出されているお酒ですが、わたくしのイメージは「薔薇」そして「ウイスキー」


若竹屋さんの「練酒
日本酒の仕込みに使う米を乳酸発酵させてつくられたもので、ヨーグルトの味です。


大賀酒蔵さんの「菅公の酒
太宰府天満宮の御神木「飛梅」の花から採取した酵母から醸した大吟醸酒だそうです。
トロっとした舌触りなのに、スッキリ!!
パーティー終了後、余っていたのを頂きました!!

絵馬付。非売品だそうですicon64


パーティーのお料理。
人が少なかったので、全部撮っちゃいました。。。
    
    

   


そのほかパスタとデザートもありました。


飲み物はもちろん日本酒!!!
たくさん頂きましたが、印象深かったのは、喜多屋酒蔵さんの霞酒 大吟醸のおり酒。
喜多屋酒蔵さんは、大吟醸のおり酒は国内では販売されてません。
というわけで、裏のラベルは英語。

この英語バージョンを国内でも売ってほしい!!!と伝えてみました。
※吟醸のおり酒は国内でも販売されているそうです。


それから、日本酒の学校の卒業生は結婚式でケーキカットではなく日本酒の鏡割りをするよう勧められました。蔵元が樽をプレゼントしてくださるかも(?)だそうです。

まぁ、そういう機会があればしたいですけど、こればかりは・・・ですね。


また、このパーティには福岡国税局の局長がいらしていました。
酒税を払っていることのお礼をおっしゃってましたので、わたしくしは収入の割に買い物や飲食が多いので、税金を払っている割合が高い!!ということを言っておきました。


普段ですとお話もできないくらいの方だと思うのですが、お酒の席ですから・・・


あ、税金の割合が多い順番を教えていただきましたicon53

1.ビール
2.ウイスキー
3.焼酎
4.日本酒
5.ワイン


そして、お酒の学校の卒業生の特典で、卒業後の春に行われる「福岡国税局酒類鑑評会」の案内をいただけるそうですicon12

鑑評会はふつー、高額納税者などしか招待されません。
昨年から一般公募もされているそうですが、めったに当たるものではなく。。。
ぜひ、参加したいと思っています!!でも、平日だそうなのでどうなることやら。


最後に、それぞれが作った「マイラベル」のお酒。

並んでいるのを見て、感動したのはわたくしだけではないハズicon12


酒蔵組合、アヴァンティ、お酒の学校 8期生のみなさま ほんとうにありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします☆  


Posted by tacky at 21:27Comments(0)お酒

2007年12月08日

お酒の学校⑥

本日(もう昨日ですが)は、お酒の学校8期生の第6回目、最後の講義でした。

内容は「お酒の選び方」icon53


今までの総まとめといった感じだったのですが、
まず、日本酒は「食中酒」であるので、おいしく飲むためには料理との相性が大切とのこと。

それから、飲み方、購入する際のアドバイス、季節のお酒の楽しみ方、買ったお酒の管理、どういうお店で買うべきか、などを習いました。


そして、「評論家ではなく、愛飲家」になってほしいとのこと。


はい、利き酒はできませんが、福酒の応援者になりました。
立派な「福酒撫子」ですicon12

講師の先生方ほんとにありがとうございましたicon102


それから引き続き、「マイラベル」発表会・・・

ラベルを作る宿題が出ていたのですが、その発表会です。

わたくしが考えたのはこちら。


名前は「感服」。
「美味しいお酒に感服」という意味を込めつつ、ギフト用にいいかな、と思ってつけました。
というのも、ある時、ボスがゴルフをお約束をされている方が、プレー前日に「決戦前夜」という焼酎を届けてくださいました。


なんて粋な配慮icon12


ボスに「負けません」みたいな名前の酒はないか?と言われいろいろ探したのですが見つけきれなかったのが、気になっていました。

なので、そういうネーミングにしようかと思ったのですが、わたくしのアイデアではありませんし、お酒をもらって、その日にお酒をすぐ返すのも・・・ですよね。

でも、プレーの翌日(負けることが前提なのですが)、相手に対して「感服」というネーミングのお酒を届けるのも素敵ではないかな、と。

たぶん、他の場面にも使えるハズだと思うのですが・・・


作ったラベルをお酒につけて、プレゼントしてくださいました。
裏面を見ると「SCHOOL OF FUKUSAKE 8th」
わたくしたちのために詰めてくださったお酒だという内容のメッセージもありました。
ほんとうに感謝ですicon97

写真の隣に写っているのは、かわいい「うちの子」をみんなに見ていただきたくて作ったおまけですicon102

そして修了証書授与icon12


やっぱり修了書って嬉しいですね。
携帯用の修了書の裏面には「お酒の学校 卒業生五ケ条」なるものが書いてあります。

内容を知りたい方は、お会いした時にお声かけくださいませface02


  


Posted by tacky at 01:47Comments(4)お酒

2007年12月01日

クリパ

本日(と申しましても、日付を変更して投稿しているので昨日)は、お酒の学校のクリスマスパーティーでしたicon12


さすが福酒撫子のクリパ。
ビール、ワイン、焼酎もありましたが、メインは福岡の日本酒。



着物で行こうかな~、と思っていたのですが、昼間ビジネススーツでの用事があり、そのまま行ったところ・・・・

・・・

想像以上に、みなさんドレスアップされていて、ちょっと後悔icon10
来年は、もし仕事でも着替えを持って行きますicon198



本日の会場は、ホテルモントレ ラ・スール福岡

1期生から、わたくしたち新参者の8期生までが大集合icon67
1期に25名ですから、計200名のうち70名が参加。これってスゴイ出席率?!
プラス、講師陣である酒蔵の若大将9名+AVANTIの方がいらしていので、合計80名。


お酒好きの女性がこんなにたくさんいるとはicon64
なんだか、とても嬉しくなりましたicon102


来週で、お酒の学校は卒業。。。
せっかく同期生の顔と名前を覚えつつあるのに、ちょっぴり淋しいです。
でも、このお酒の学校、卒業してからが本番なんですってface02


そして、7期生の方と合同で二次会へ。
先輩方、今後ともよろしくお願いいたしますicon102
  


Posted by tacky at 23:59Comments(5)お酒

2007年11月24日

続・お酒の学校⑤

見学が終わって利き酒大会と懇親会。

懇親会でのお弁当はこちら。


お酒は「大手門」。



今回の利き酒はちょっとイジワルで、冷たく冷やした5種類のお酒と燗をつけた5種類のお酒の同じものを当てるというものでした。




って、温度違うと味変わるし。。。

わたくしは1種類しか分かりませんでした。才能ないのかもicon198

なんと、全問正解の方がお一人いらっしゃいましたicon12

お弁当もお酒も美味しかったですねicon53
  


Posted by tacky at 01:20Comments(0)お酒

2007年11月24日

お酒の学校⑤

本日(昨日?)はお酒の学校の5回目の講座で、久留米の杜の蔵さんに酒蔵見学に行ってました。

お昼に天神に集合。貸し切りバスで遠足気分icon64

杜の蔵さんは、醸造アルコールなどを使わない純米酒だけを作っていらっしゃる会社です。焼酎も造られているそうですが、メインは日本酒。創業1897年。歴史を感じる看板ですが、100年ちょっとでは、この業界では「ひよっこ」だそうです。


お酒を造る過程を見学しながらご説明いただきました。


まず精米。

たとえば、大吟醸は精米歩合が三十数%だったりします。
つまり、まわりの6割以上をとってしまうわけです。
お米は中心に近いほど繊細なので、より丁寧にしなくてはなりません。
という訳で、造るお酒によっては、精米に100時間以上かけることもあるそうです。


年季の入った「精米日誌」が素敵ですicon12



精米機のお米は摩擦で少し熱を持っているので、すぐ洗ってしまうと・・・
ですので、休ませ(冷やし)ます。




そして洗米。
水につける時間は何分何十秒というように、作るお酒や気候に合わせて変えるそうです。
秒単位の違いって・・・・職人技ですね。


洗米後のお米は蒸します。

奥に手が写っていますので、大きさがお分かりいただけますでしょうか?
こんな大きな蒸し器です。三段まで重ねることができるそうです。


蒸したお米はそのままタンクに入れたり、麹を造ったします。

麹は、お米に麹菌をつけて繁殖させたもの。

この菌(カビ?)を蒸米にふりかけて、30度くらいの部屋で繁殖させます。


普段は入れないであろう麹室にも入れていただきました。



人が布団をかぶっているのではなく、麹米が眠っています。


なんと、この麹米を口に入れました。
1日経ったもの、その翌日のものまで!!

だんだん硬くなり、そして麹によってでんぷんが糖に分解されて甘くなります(栗のような味)。


次に酒母造り。
小さなタンクに先ほどの麹、酵母、乳酸、水、蒸米を入れて発酵させます。
  
この酒母も段階を追って、3種類ほど飲ませていただきました。
だんだん酸っぱくなります。


酒母ができたら、大きなタンクに移し蒸米と水を入れて仕込みます。
1日1回の仕込みで、初日は「添」、翌日は「踊」と呼ばれる仕込みの休みをとり、三日目は「仲」。三日に分けて仕込んでいくので「三段仕込み」というそうです。酵母が弱いので、徐々に増やす必要があるそうです。


仕込み蔵

実際にかき混ぜるのを体験させていただきましたが、簡単に動くシロモノではありませんicon10

発酵する過程で二酸化炭素が出ているので、このタンクに落ちると、一瞬で気を失い助からないそうです・・・
なので、柵がついていますicon64


そして搾り。



今回の見学でいろいろな話を伺い、お酒はもっと味わって飲まないといけないと思いました。
  


Posted by tacky at 01:13Comments(2)お酒

2007年11月16日

続・ボージョレ・ヌーボー

ただ今、社員旅行で古湯温泉に向かっています。

社員旅行と申しましても部署ごと。食事会のみの場合(部署)もあります。
本年、私が所属している部署は経理部のみなさんと一緒に佐賀の古湯温泉で現在バスで移動中。

初めての携帯での投稿ですがうまくいくかな・・・


同行する担当役員が差し入れにボージョレ・ヌーボーを買ってくるように指示があり
お金を預かっているとSちゃんから連絡がありました。

予算は3000円×2本


Sちゃんは忙しそうだった(というのは口実で選びたかった)ので、代わりに買いに行きました。


というわけで本日のボージョレヌーボーはこちらです。



1968年創業、700年の歴史を持つブルゴーニュ最古のワインメーカ ラウル・クラージェ社。
ガメイ種の葡萄から造られているものとリヨン ボジョレ・ヌーボーコンクールで2年連続金賞受賞
(2005年、2006年)のモアラール。って今年は違うみたいですね。。。  


Posted by tacky at 18:37Comments(0)お酒

2007年11月15日

ボージュレ・ヌーボー

みなさん、ボージュレ・ヌーボーはお飲みになりましたか?


年中行事ですし、新しいもの好きのわたくしとしては解禁日に飲まねばicon12



ということで買ってきて飲みましたicon152


昨年は、近所の酒屋にビールを買いに寄ったところ、フライング販売をしており前日にGet。
解禁日にはお二方からプレゼントしていただいたのですが、
今年はプレゼントされることもなく、飲みにも誘われず・・・



珍しく直帰して一人で頂きましたface02  


Posted by tacky at 22:03Comments(3)お酒

2007年11月13日

秘蔵しずく酒

職場の冷凍庫に贈り物用としてストックしていた日本酒は亀岡酒造さんの秘蔵しずく酒




純米大吟醸 生酒ですが、凍らせたものを半解凍し、シャーベット状で飲みますicon12
シャーベット状のお酒といえば、6月に京都に行った時に頂いた
玉乃光酒造さんのみぞれ酒も美味しかったicon12



と話がそれましたが、本日は職場で懇親会があり、そこで1本開けてよいことにicon64


みんなで少しずつ頂きましたicon97  


Posted by tacky at 23:37Comments(0)お酒

2007年11月07日

お酒の学校④

お酒の学校の4回目の講座でした。本日は、お料理との相性の検証。


まず4種の日本酒の利き酒です。

味が違うのは分かりますが、大吟醸以外はどの種類かすら分かりません。。。


そしてお料理との相性。
1品目は柿とオリーヴと生ハム。

飯塚産の柿の甘さとイタリアの生ハムの塩分が絶妙です。


2品目は鰆のフリットとオクラ(焦がした味噌のクリームソース)

洋風なのに味噌。お酒にぴったりです。

3品目は宮崎牛のほほ肉と株のブレゼ(オレンジの香る赤ワインのソース)
※当初は豚肩ロース肉の予定でしたが、お店の方のご好意でグレードアップしてくださいました!

ここから、4種+燗で計6種での相性。もうお酒のことは忘れかけていて、
全部美味しいです(笑 
しかし、コメントを書かねばicon10

最後はゴルゴンゾーラのペンネ

イタリアンに日本酒も合うと改めて実感いたしました。


そして本日は、「お酒の学校 8期生 でヒットした」ということで、ブログをご覧くださったことがある
Yちゃんとお話ができました。

また、satomiさんは同級生ということも発覚icon64

不思議なご縁です。

しかしこのお酒の学校、倍率が高いとはいえ書類審査なのですが、
女性のわたくしから見てもかわいい方や綺麗な方が多いのは気のせいでしょうか。

それとも、もしかするとお酒を飲むと美しくなるのかもicon60


  


Posted by tacky at 23:59Comments(3)お酒

2007年11月04日

ひやおろし

月に(年に?)数えるほどしか料理をしませんが、本日はおでんを作ってみました。


国産の牛すじを買って、あら湯でし、水で洗ってアクを抜き。
一口大に切って串に指し、高圧鍋で15分。

「さ、味付けを」と思ったら、料理酒が足りないことに気づきました。

仕方がないので、近所の酒屋に料理酒用の安い清酒を買いに行ったところ、店頭で平成19年度 全国新酒鑑評会の入賞蔵icon12朝凪酒造さんの「ひやおろし」が特売されていました。


ひやおろしとは、、、
むかし、寒中に仕込んだ酒を貯蔵し、秋になって味が調ったところを冷のまま樽詰め出荷したことからこのようにいわれます。近年季節商品として復活しました。
(参照:日本酒のラベル用語辞典)
いわゆる季節限定のお酒です。


おでんにぴったりでしたicon64
  


Posted by tacky at 23:08Comments(2)お酒