2012年03月22日

救急車

本日、はじめて間近で救急車を見た”しーたん”。


救急車!!!

と、それはそれは嬉しそう・・・。


近くで見ると言って聞きません。
いや、そういう訳にはいかないからね・・・。
「見る~」となかなかその場を離れようとしませんでしたが、何とか離れさせてみました。


でもただならぬ雰囲気を察したのか、「救急車でチク(←注射)すると?」と聞いてきました。


そうそう、とても具合が悪いから、治してもらってるんだよ。
注射もしてるかもしれないね。


「救急車でどこ行くと?」


この時間だったら、たぶん救急病院だよ。
”しーたん”も1回だけ夜中に行ったことあるんだけど、覚えてる?


「救急車でチクすると?お熱いっぱいあるけん?」


そうそう、でも大丈夫だよ。
救急車の人が治してくれるからね。


そんな会話を30分くらい繰り返しました。
彼女にとっては、衝撃的だったのでしょうね。

それにしても、いろんなことが理解できるようになりました。
でも、救急車に嬉しそうに「ばいば~い」と言うのはやめてね・・・。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。